Success Interview 2

「教育現場にエンジニア経験を還元したい!」元小学校教員エンジニアが叶えたい夢とは

三浦卓馬

公立小学校教員を経て、エンジニアに。2020年の小学校プログラミング教育必修科をきっかけにProgateでプログラミングの勉強を始めた。Progateのレベルは104レベル。

Interview Summary

Progateだからこそ
プログラミングの楽しさに気づけた

「きっかけは小学校でのプログラミング必修化でした。」小学校教員だった三浦さんは、プログラミング学習を始めたきっかけをそう語ります。学習を進めていくうちに、プログラミングの楽しさに目覚め、ついにはエンジニアにまでなった三浦さん。その経緯を語っていただきました。

きっかけはプログラミング必修化から

プログラミングを学び始めたきっかけを教えてください。

もともと小学校の教員をやっていたのですが、その頃に、 2020年にプログラミングが必修化されると知ったことがきっかけ でした。

小学校の教員をやっていたものの、情報の授業は教えたことはありません。大学も教育系の学部でしたし、プログラミングに今まで触れたことはなかったんです。ITに詳しくならないと、この先教員として生き残れないと思い、プログラミングを勉強し始めました。

「HTML&CSSって何?」「そもそもプログラミングって何ができるんだろう?」という状態から勉強を始めました。

Progateを使い始めたきっかけを教えてください。

プログラミング学習用の本を使ってみたりもしたんですが、かなり分厚く、書いてある内容も難しくてまるで呪文みたいでした。私は実際に手を動かしてコードを書いたり、ビジュアルやイラストを使って学びたいと感じていたんです。 その点、Progateは沢山のイラストで直感的に理解でき、実際にコードを書く練習もできるのでぴったりでしたね。

また、プログラミングを勉強する上で一番面倒な環境構築がないというのも大きな理由です。プログラミングを勉強する場合、普通は自分のパソコンにいろいろインストールして、環境を整える必要があります。

Progateはそういった環境を作る手間がなく、パソコンとインターネットさえあればすぐにスタートできて、面白いなと。それではまっていきました。

どのくらいの期間、どんな言語を勉強しましたか?

4、5ヶ月ほどやっていて、Progateレベルは104Lvになりました。とにかくいろんな言語をつまみ食いしていました。一番やり込んだ言語はJava、PHP、HTML&CSSです。Ruby on Railsも少しだけ。Command Lineのレッスンもよく使っていましたね。

Progateのレベル機能でモチベーションを維持

プログラミング学習のモチベーションを保つ方法を教えてください。

レベル機能を一番活用していました。

ゲーム感覚で「レベルをあげたい!」と思うことが一つのモチベーションになっていました。 総合商社からProgateに入社した方 が400レベルだったと聞いて、追いつこうとして頑張りました。

単純に、 プログラミングを楽しもう! とも思っていました。やっぱり自分が書いたものが動くのはすごい嬉しいです。書いたものが黒から赤で変わるだけでも嬉しかったのを覚えています。まずはプログラミングを楽しいと思うことが重要ですね。そういう意味で、HTML&CSSコースは自分が書いたコードがブラウザにすぐ反映されるので、オススメです。

また、ProgateのFacebookの発信情報も役立てています。新しいコースのリリースとかの告知があると、いつもやるようにしています。最近リリースされたSQLやPythonも、Facebookを見て勉強し始めました。

Progateでの勉強以外でやったことはありますか?

Schooというサイトを併用し、Schooで勉強したい言語の授業の動画を見ていました。一番実力がついたと思った方法は、Schooで勉強したい言語の授業を受け、Progateで復習し、自分のパソコンで実際に作ってみるというサイクルを回すことです。

私は音声と視覚情報の両方で勉強した方が効果的だと思うので、SchooとProgateの組み合わせがかなりよかったです。

また、自分でプロダクトを作ってみるのもいいと思います。Progateで一通り勉強した後、一つ渋谷を紹介するSNSを作りました。WordPressというPHPを利用したもので作りました。最近はアプリとして出そうかなとも思っていて、Swiftを勉強する予定です。

このようにプログラミングを進めていくにつれて、気持ちの上で変化が起きました。

最初はProgateでプログラミングを学んで小学校で生かせればいいと思っていました。学校の授業で使えるレベルくらいまでに学習しようと。 でも、勉強するうちにプログラミングを仕事としてやってみたいなと思えるようになりました。

仕事で使えるレベル、欲を言えばプログラミングで何か作り、自信を持って起業できるレベルを目指したいと思うようなりました。

教員からエンジニアに転職して

プログラミングを勉強した結果、勉強する前とどのように変わりましたか?

まず、 小学校教員からエンジニアになりました。

Progateではアプリを作ったりするようなプログラミングが中心ですが、どちらかというと、通信系に近いプログラミングです。無線機器などを動かすためにプログラムを書いています。

Progateで学んだことは現在のお仕事にも役に立っていますか?

すごく役に立っています。 Command Lineレッスンが特に役に立っていますね。 現在の仕事でもCommand Lineを使い、ファイル操作をする業務が多いので、初期のうちから理解できたのがよかったです。

Comannd Lineレッスンで学んだファイル操作などの技術は、例えばRuby on Railsなどファイルをたくさん操作する言語でも理解するうえで役に立つので、最初に学んでおくのがいいと思います。

また、 一つの言語をやれば、後でほかの言語を勉強したときに役立つ と思います。Progateで学んでいたJavaやRubyと、現在使っているCなどのプログラミング言語は、根本的な部分では同じだなと思えるようになりました。

考え方の面では、より物事を細かく考えるようになりました。 小学校ではいろんな教科を一週間ごとに教えなければいけません。そのため、大雑把にポイントを子供に伝えなくてはいけなかったんです。物事を細かく考えるという経験は少なかったかもしれません。

プログラミングでは、かっこやクオーテーションなど、細かい部分でミスをしていてもエラーが出てきます。そういった細かいところまで注意するうちに、細かく物事を考えるようになりました。

今小学校の現場に戻ったら、今までなかった気づきがあるのではと思います。

エンジニアとしての経験を教育現場に還元したい

プログラミングを生かして、将来叶えたい夢や目標はありますか?

教育現場にプログラミングで学んだことを還元したいなと思っています。

小金井市の前原小学校で、プログラミングを使った改革を進めているように、現在赤ちゃんから大人までITと向き合わなければ生きていけない状態になっていると思います。

小学校や中学校の頃から、プログラミングを使い、サービスを作る経験ができるようになれば、FacebookとかGoogleのような企業が日本から出るのではないかと思っています。

前原小学校のように、 私も小学校での経験とエンジニアとしての経験の両方をうまく生かし、教育現場に還元できればと思っています。

初心者のみなさんにメッセージをお願いします。

とにかくゲーム感覚で、Progateのレベルをあげましょう!

慣れないうちはレベルをあげるだけでも楽しいです。私もやっていくうちにちょっとずつプログラミング力が身につき、仕事として使いたいと思うまでになりました。Progateならゲーム感覚で勉強できるので、まずは気軽に始めてみてほしいなと思います。

三浦さんありがとうございました!

インタビューをぜひシェアしてください!

Progateではじめれば、
なりたい自分に近づける。

さっそく始めよう。1分後、プログラミングの世界でお会いしましょう。

Interview pc