Loading

N o w L o a d i n g . . .

無料お試しを始める
エンジニア職向け研修
法人向けサービスの活用の仕方

研修にProgateを組み込み、
エンジニア育成の効率化を
実現する方法

エンジニアの人材不足が顕著になる中、
未経験から採用し育成に力を入れられる人事担当、研修担当の方も多いでしょう。
「新卒エンジニアを、よりスピード感を持って現場配属したい」
「現場の社員が手分けして研修を行っており、体系的な研修がつくれていない」
さまざまな悩みにお役立てできる可能性があります。

For engineer 01

内定者教育で、
入社後研修のハイレベル化と
コスト削減を実現

内定者に学習用の書籍を配布するように、Progateを配布してみてはいかがでしょうか?ステップバイステップで内定者も自習しやすく、人事担当者は学習状況を確認することができます。

Progateで内定者教育を行うことで、未経験者・経験者 を含め、入社までにスキルの底上げと平準化 を行うことができます。
そうすることで、入社後の研修では、基礎知識の研修ばかりに時間を取られず、ハイレベルな研修により多くの時間を使うことができるようになります。
対面研修など費用負担の大きい研修の期間短縮により、コスト削減を実現することも可能でしょう。

内定者に学習用の書籍を配布するように、Progateを配布してみてはいかがでしょうか?ステップバイステップで内定者も自習しやすく、人事担当者は学習状況を確認することができます。

Progateで内定者教育を行うことで、未経験者・経験者を含め、入社までにスキルの底上げと平準化を行うことができます。
そうすることで、入社後の研修では、基礎知識の研修ばかりに時間を取られず、ハイレベルな研修により多くの時間を使うことができるようになります。
対面研修など費用負担の大きい研修の期間短縮により、コスト削減を実現することも可能でしょう。

For engineer 02

研修を「補完」し、
研修担当者の負担を軽減

Progateは単体で研修すべてを置き換えるツールではありません。
一方で、 研修の足りない部分や、一斉研修が難しい部 分、自習して欲しい部分など、カリキュラムの一部と して、研修を補完するのに適しています。
例えば、
「Gitは必須の知識だけど、説明するのが難しい」
「SQL研修をしたいけど、環境構築やカリキュラムの作成が大変で諦めている」
「研修ではやらないけど、HTML・CSSは最低限自分で学んでおいて欲しい」
といったことはありませんか?
その時々でProgateを活用することで、研修をより完成度の高いものにするとともに、研修担当者の負担を減らすことが可能です。

For engineer 03

自主的な学習機会の提供で、
復習・定着と、
幅広い技術取得を促す

「研修が終わったら、それっきり技術を学ぶ機会を作れていない」
そんなことはありませんか?
研修終了後もProgateでの学習環境を用意することで、復習・定着の機会をつくったり、業務を超えた幅広い技術習得を促したりすることが可能です。
今日は技術の変遷も速く、現在のスキルセットが将来にわたって有効とは限りません。
安価なe-learningを活用し、新人エンジニアのその後のキャリアをサポートしてはいかがでしょうか?

14日間 無料トライアル実施中
法人向けサービスの全機能を、5ユーザーで、いますぐお試しいただけます。
無料お試しをはじめる